ナウいブログ

マブい女のナウいブログです

骨格と服の話

 

女は特に、美しくある事が求められると思う。

スッピンで仕事をするのはマナー違反だし、ちょっと高級なレストランで食事するにもドレスとヒールが必要であったりして、美しく着飾る事がヨシとされる場面が大人になればなるほど多いように思う。

 

しかし、"自分の持ち得る素材を活かし、自分に可能な範囲で美しくある。"それは地味に難しい。

 

例えば、モデルのメイクメソッドをそのまま自分に落とし込んだらコンプレックスが強調されてしまった!とか、トレンドカラーが似合わない!とか、メディアが教えてくれるのはあくまで空気感だけだなぁとしみじみ思う。

 

10代から20代前半は、好きなものを好きなように着る!という生き方をしていたし、それを周りも若気の至りだと受け止めてくれていた。(私の若気の至りはFacebookInstagramでご覧になれます)

私にとっては必要な期間だったし、あの頃が無ければファッションに今よりも無頓着だったかもしれない。

 

しかしね、今年で26歳になるんですが、昔着てた服がね、「あれ?似合わねーな?」と思う事がとても増えました。

もちろんトレンドも違いますし、体型も変わりました。私自身の目が肥えたのも有るかもしれません。(神戸は幼児からパートのマダムまでみんな小綺麗にしているので)

 

なんだろなー?と思って考えていたら、「色」と「シルエット」が私に似合わないものばかりだったのです!

 

そう!私に似合う服と、私の好きな服が全然違っていたのです!!!!(ピシャーーーーーン)(雷が落ちる様)

 

私は、色が薄くてダボっとしたストレートデニムなどが好きなのですが、ウェーブ型の骨格なので、濃いネイビーのスキニーなど下半身を華奢に見せるスタイルが得意だったり、ハリのある素材のシャツが好きですが、とろみのある素材のシャツの方が似合うとか!

 

今まで若さと細さで茶を濁してきたけど、私には似合いませんよ!!!と今更突きつけられたようなそんな心持ちです。

 

ボーイッシュよりフェミニンな方が似合う、という受け入れ難い現実ですが、思い返せば、デートの時はXラインを強調するワンピースを着てたな……とか、前述のデニムも人から評判いいのはスキニーだったな……とか、むしろなんで今まで気づかなかったんだろう?というくらい心当たりがあります。

 

 

まだ骨格診断してない人のために、ご用意したので暇を持て余したらやってみて下さい。意外な発見があるかも。(回し者じゃ無いです。ノーギャラです。)

http://www.kokkaku.jp/stylecheck.html

 

そんな風に、自分に似合う服が見つかると毎日が楽しいよね!って話をしててなんなんだけど、私は毎日Tシャツデニムで走り回ってます。

だれか、ラグジュアリーな装いでワイングラスを傾けませんか?お誘い待ってます。

 

おわる